小岳ピークからのドロップイン!スノーボードで大斜面を切り裂け

八甲田の数ある斜面の中でも格別な斜面の小岳南東斜面をスノーボードで切り裂いてきました。圧倒的スケールの斜面にピークからドロップインする瞬間がたまりません。雪の状態は最高でフルカービングで一気に滑り降りました。春のツアーでしかできない特別な滑り方なんです。

小岳ピークからのドロップイン!

▲快晴のコンディション

雲ひとつない快晴のコンディションでスタートです。小岳を目指すには、大岳を越えて行きます。春のツアールートは長いですからね。

▲春によく使用するボード

厳冬期に使うスノーボードと春に使うスノーボードを変えています。厳冬期はパウダーでの突破力が欲しいので長めのスノーボードを使用しますが、春は操作性を重視して短くします。
使用しているのは、サロモンスノーボードのSickstickです。操作性はもちろんですが、板に荷重していった時の返りが心地よく個人的に好きなスノーボードです。

▲小岳のピークからドロップイン

小岳のピークから先頭で滑ってきました。ピークからドロップインする瞬間がたまりません。
かなり斜度がある地形で、板を下に向けると一瞬ふわっとする様な感覚になります。そこからの大斜面です。
斜面の様子を伝えて、お客さんもドロップインです。

▲注目を浴びてます

私と一緒に行動しているパーティはもちろん、ガイドクラブの別パーティも滑りに注目しています。

▲みんなかっ飛ばす

警戒していた斜面のクラックはなく、みんなドロップインしたら私が待っている場所までかっ飛ばして滑ってきました。雪にかみこむエッジの具合がちょうどよく、安心してスピードを出して来られます。

▲誰よりも大回りをしてた

誰よりもでかいターンで小岳の斜面を切り裂いてきました。ガイドクラブに毎年遊びにきてくれて、ほぼ必ず私と一緒に滑っている気がします。今シーズンも一緒に滑られて楽しかったな。

▲女子も負けじと

ツアーのメンバーは男性が多くなりがちですが、女性だって負けていません。小岳の大斜面を切り裂いていましたよ。

▲滑ってきた小岳を振り返る

あの山のピークから滑ってきたんだな〜としみじみ振り返ります。この圧倒的な斜面を滑ってきた充実感、達成感は半端ないですね。

まとめ

天気や雪の状態などさまざまな要素が最高でした。小岳の大斜面は滑りごたえのある場所で、特にピークからのドロップインがたまりません。この充実感や達成感をもっともっとたくさんの人と共有できたら良いのにな。まだまだ春スキーは続きます。お待ちしています。