春のロングツアー開催中!大岳から硫黄岳へ

春のロングツアーは北八甲田全体がエリアになって、ルートバリエーションが豊富です。すいれん沼をゴールとするルート取りでは、大岳を滑ってさらに硫黄岳も滑ります。行動時間はもちろん長くなりますが、滑りごたえのある充実したツアーになりますよ。

まずは大岳へ

▲春らしい快晴

春になると八甲田は晴天率が高くなり、さまざまなルートへと遊びに出かけられます。今回は八甲田の主峰大岳を滑ってさらに硫黄岳も滑ります。
向こうに見える八甲田三山のうち、右側そびえるのが大岳です。

▲大岳ピークまで登ってきた

大岳を滑る場合は、大体の場合がピークではなくピーク直下にある万年岩まで登って滑ります。今回は、条件がよかったので山頂まで登ってきました。

山頂の雪はすっかり溶けて土でしたが、遠くまで見渡せる最高の天気です。

▲ガイドKasaiさんが滑り出す

大岳ピークから爆裂火口を進んで、滑る斜面に移動して気ました。ガイドKasaiさんが滑り出します。向こうに見える山は次に目指す硫黄岳です。

▲お客さんも続く

雪の状態はザラメと湿雪がまだらになった様な状態でした。難しい雪質でもみんな上手に滑って行きました。

続いては硫黄岳

▲硫黄岳の南東面

硫黄岳は東面が注目されがちですが、滑るなら南東面が気持ちいいんです。長い距離を滑っていけるので。ガイドKasaiさんが滑り出します。

▲山荘スタッフShu

大岳の雪質とまた違った雪質の斜面で、雪質を確かめるように大事に滑って行った山荘スタッフShu.滑りの安定感あるな〜。

▲山荘スタッフRie

続いて山荘スタッフRieさんも滑り出します。少し難しい雪でもなんなく降りていきます。みんなさすがですね。

▲三角に見える南東面

硫黄岳の南東面は三角形に見えます。ピークにある岩はまだ雪に隠れていますが、所々にクラックがあります。滑走する時はクラックに気をつけてくださいね。

まとめ

大岳をピークから滑って、さらに硫黄岳のピークからも滑る欲張りなツアーでした。長いルートですが、みんな頑張って登って良い滑りをしていました。春のツアーは長いルートを歩くので、飲み物は多めに持っていきましょう。暑さや日焼け対策も必要ですよ。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)