今シーズン初の箒場へ!快晴の山越えツアー

一般ツアーで今シーズン初めて箒場へ向かう山越えツアーとなりました。1月の八甲田では珍しく抜けるような青空の下、長い尾根を滑りおりました。
気持ちいい天気でのんびり休むこともできました。

今シーズン初の箒場へ!快晴の山越えツアー

▲ハイクアップ準備

朝一番は多少雲が残っていましたが、天気予報では高気圧に覆われて快晴になるとのこと。
予報を信じて、今シーズン初めて箒場へ向かう山越えツアーに出発です。

▲元気に登る二人

今シーズン初の山越えツアーにみんなもテンション高めです。
結構登ってきたのに、全然疲れていない二人。

▲氷漬け状態の大岳ヒュッテ

久しぶりに氷漬け状態の大岳ヒュッテを見ました。ここまでガッチリと氷がついているのは近年では珍しいかもです。
それだけ年末年始の寒波が凄まじかったのでしょう。いつもはお菓子の家などとメルヘンなことで盛り上がりまうが、メルヘン要素がないくらいでした。

▲予報的中の快晴

大岳ヒュッテを後にして、井戸岳を回り込みながら頂上に近い位置まで登りました。先ほどまでは雲がかかっていましたが、予報が的中して一気に晴れました。

▲赤倉岳の斜面

目的の斜面まで移動していざドロップインです。みんなが滑ってくるのを待ちます。
空はうっすら残っていた雲も消えて、快晴となりました。

▲みんなが降りてきた

ガイドクラブで正標の尾根と呼んでいるこの斜面、みんなが降りてきました。

▲正標の尾根突端から

尾根の突端まで滑ってきました。あの上からここまで滑ってきたんです。
途中で止まりながらではありますが、標高差はおよそ450mほど。滑りごたえがある好きな斜面です。

▲ボード隊は沢の中

スキー隊は尾根の上を滑りましたが、ボード隊は沢の中を滑ってきました。
当て込んだりして、みんな思い思いに楽しんでいたみたいです。

▲いつもの休憩ポイントでのんびり

気温は低いのですが、風が穏やかだったので休憩ポイントでのんびりできました。この場所でのんびりできるのがまた気持ちいいんですよね。

▲ゴールはもちろんレストハウス箒場

林間を気持ちよく滑ってきてゴール地点に到着です。ゴールはもちろんレストハウス箒場です。冬季は営業しておらず、雪囲いがされています。
レストハウス箒場についてはこちら

まとめ

今シーズン初の山越えは快晴の中気持ちいいツアーとなりました。たくさん登るし、たくさん滑るし達成感もありますね。
1月でも条件が揃えば山越えの選択肢も出てきます。当てたらラッキーですね。