登山やキャンプに行くとき財布どうしてる?アウトドアに最適な撥水レザーの小銭入れ

登山やキャンプなどアウトドアで遊ぶときにお財布を持っていくか悩みませんか?大きくてかさばる、汚れたり濡れたりする、などの理由で持ち歩けないという人は少なくありません。
そこでおすすめなのが、撥水レザーを使った小銭入れです。汚れや濡れに強く、小さいのでポケットに入れておけるサイズです。私も愛用している小銭入れを紹介します。

アウトドアでおすすめ!「水辺の wallet」

▲水辺のwallet(八甲田モデル)

撥水レザーを使用した小銭入れで「水辺のwallet」という名前です。

写真は八甲田限定のモデルで正面にHAKKODA SANと印字されています。

▲水辺のwallet 裏側

裏側は印字などなくシンプルになっています。

革製品なので、使っていくうちに色が変わったりして風合いの変化を楽しめます。汚れもありますが、革の変化を楽しんで使っています。

▲止水ジッパー

水辺のwalletの特徴の一つが、止水ジッパーを使っていることです。

よくGore-Texのウェアに使われているジッパーで、水の侵入を防ぎます。

撥水レザーを使用したカバンや財布などはありますが、止水ジッパーを採用したものはありません。水辺のwalletはアウトドアでガンガン使うことをはじめから考えて作られたものなんです。

ポケットに収まるサイズ

▲ジーパンのポケットすっぽり

小銭入れなので、サイズは小さくジーパンのポケットにすっぽり収まります。

▲スマホと同じか小さくくらい

普段のお出かけはこの2つですね。

最近はカード決済やスマホ決済が増えてきたので、現金を持ち歩くことが少なくなりましたね。小銭入れに少しの現金とスマホがあればほとんどの買い物ができますからね。

▲カードが入るサイズ

サイズは横12cm縦7.5cmでクレジットカードなども入れておけます。

作っている職人さん

Mochizuki Yudai

専門学校へ進学し服飾デザインを学び、その後、ジュエリーデザイナー、プロダクトデザイナー、プロダクションマネージメントの仕事を経て、バンブロッドビルダーへ。

2015年5月、米国ニューヨーク州、Catskill Fly Fishing Center and Museum にロッドが展示、同年11月、日本が誇るトラウト王国、北海道へ移住。

http://www.yudaimaker.jp/about.html

▲左が私、右がMochizukiさんの小銭入れ

どちらも同じものですが、Mochizukiさんの小銭入れの方がより色が濃く風合いがありますね。

革にクリームとか塗っているんですか?と質問したところ、何もしていないそうです。むしろ、撥水レザーはクリームなど使わずにそのまま使ってくださいとのことでした。

▲おしゃれな包装

手作りなので注文してから少し時間がかかりますが、こんなおしゃれな包装にしてくれました。

うちは夫婦でこの小銭入れを愛用しています。

購入方法

オンライショップ「Bow Hoot」

HPはこちらから

オンラインショップでは小銭入れのほかにもいくつかアイテムがあります。

いずれもハンドメイドなので数に限りがあります。

八甲田山荘売店

▲八甲田山荘売店で販売中

八甲田山荘売店でも販売しております。

ここでは、オンラインショップのものと少しだけ違い、HAKKODA SANという印字になっており八甲田限定モデルとなっています。

ただし、八甲田山荘でも数に限りがあります。気になる方は八甲田山荘に問い合わせてください。

八甲田山荘売店についてはこちら

まとめ

水辺のwalletは撥水レザーと止水ジッパーの組み合わせでアウトドアでガシガシと使える小銭入れです。今までアウトドアで持っていく財布に悩んでいた人にはおすすめのアイテムです。

革製品なので、使うにつれて色が変わっていく風合いの変化もまた楽しみの一つです。

登山やキャンプなどでガシガシ使って、仲間同士で変化の具合を比べ合いませんか。