3月の快晴パウダー!狙いはやはり鳴沢台地

春めいてきた八甲田ですが、まだまだ雪が降りパウダーを滑られます。前日は冬のような天気となり荒れましたが、天気が落ち着くと雄大な景色が広がりパウダーがありました。そんなコンディションなら狙うはやはり鳴沢台地です。最高のコンディションの中、3月のパウダーを堪能しました。

3月の快晴パウダー!狙いはやはり鳴沢台地

▲鳴沢台地を見上げる

荒れた天気の後に待ってました快晴パウダーです。3月ですがまだまだパウダーを滑られる八甲田さすがです。
やはり狙いは鳴沢台地です。スキー隊のトップでやってきました。
最初にドロップインし、みんなが滑り降りてくるのを見守ります。

▲みんなが滑ってくる

雪の状態や地形を無線で連絡した後、みんなが滑り降りてきます。冬のサラサラパウダーとは少し違った感触ではありますが、楽しそうに滑り降りてきます。

▲ガイドKasaiさん

こんな素晴らしいコンディションでガイド達もテンション高めです。ボード隊の最後に滑ってきたのはガイドKasaiさん。

▲ガイドShohei

みんなが滑り降りたのを確認して最後に滑ってきたのはガイドShoheiです。Vector glide Bold metalで鳴沢台地の斜面を切り裂いてきました。

▲雄大な景色

3月のパウダーをいただいたあとは雄大な景色を眺めながら散歩気分です。雲ひとつない天気です。

▲いつもの木でいつものように

いつもの木でいつものように撮影です。今シーズンの最大積雪よりは少し下がりましたが、まだまだこの雪の量です。ここ数年ではかなり多い積雪ですね。

まとめ

今シーズンはTHE DAYのような最高のコンディションの時は鳴沢台地をよく滑っています。スケールの大きな斜面でかっ飛ばして気持ちよかったですね。きっとまだ3月にパウダーを滑られるチャンスはあります。その時はどの斜面に行こうか。楽しみですね。