2021シーズン終了!最後のツアーは新緑の箒場へ

八甲田の長い長いスキーシーズンが終了を迎えました。最後のツアーは傘松峠からハイクアップして小岳へ登り、新緑の箒場へ。Vector glide Cordovaで斜面をかっ飛ばしたあとは、新緑の森をのんびりと歩きました。12月から始まった2021シーズンはこれにて終了です。ガイドクラブのツアーはもう少しだけ続きますが、個人的に終了とさせていただきました。最後のツアーの様子をお届けします。

小岳から箒場に向かって

▲小岳ピークから田代方面を望む

天気は良いのに風が強くてロープウェイが運休してしまったので、またまた傘松峠からハイクアップです。なぜか私を含めみんなルンルンと歩いて2時間ほどかかるハイクアップはあっという間に終わった感覚です。
ほとんど疲れは感じないまま小岳のピークに到着しました。

遠くの方が霞んで見えるのは黄砂が飛来しているからです。なんとなく喉がイガイガする様な、目がかゆい様な。

▲小岳の斜面を一気に

ロープウェイを使ってツアーに出かけられたら、ニセタモを滑って、大岳を滑って最後に小岳を滑りますが、ハイクアップしてきた場合は小岳一発勝負です。
この斜面に全てをかけて。

▲ガイドTonoさんのテレマーク

ガイドTonoさんは珍しくテレマークスキーで滑ってきました。テレマークスキーでもやっぱり速いTonoさんでした。

▲ボードもフルカービングで

スノーボードのみんなも滑ってきました。それぞれ小岳一発勝負に思いを乗せて滑っていました。

新緑の森歩き

▲芽吹きの森

ブナの森まで滑って来ると、新緑が始まっていました。この鮮やかな黄緑色は新緑のこの季節にしか見られない色です。
1週間も経ってしまうと黄緑色は深まっていくので、とても貴重な状態なんです。個人的には秋の紅葉よりも春の新緑の方が綺麗だと思っています。

▲スキーを担いで森歩き

新緑の森の中をスキーを担いで歩きます。できるだけ雪が残っている場所を滑ってきましたが、ゴールまでは滑って行けませんでした。

▲ゴール地点

歩き出して15分ほどでゴールに到着です。最後までスキーで滑って来れれば良いのですが、これはこれで気持ちいいのでみんな喜んでいました。
新緑の森を歩くなんてなかなかできませんからね。

▲ボード隊もゴール

ボード隊も箒場に到着しました。小岳一発勝負をし、新緑の森を歩いてゴールです。

まとめ

結果として最後のツアーとなりました。次の日もツアーに出かけましたが、雷雨にあい撤退となってしまったのです。
小岳一発勝負で長い距離を一気に滑ったみんなの笑顔が印象に残りました。思ったよりも雪解けが進んでいて、森歩きが長くなりましたが、それもまた気持ちいい散歩でした。

最後に

私の2021シーズンはこれで終了です。ツアーに参加して一緒に滑ってくれたみなさん、支えてくれたガイド仲間と山荘スタッフ、関わってくれたみなさんに感謝いたします。
今シーズンもありがとうございました!

今後、当サイトではガイドの様子だけでなく、ギア情報を充実させていき、新たに青森の案内など新しいコンテンツも制作していく予定です。
また、私自身はガイド業務だけでなく、フリーランスとしてweb制作など新たなことにチャレンジしていきます。さまざまな活動をしていきますので、これからもよろしくお願いします。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)