雨の影響を受けたエリアを避けて良い雪を!縦溝、アイスバーンにご注意

3月に入りすっかり春めいてきています。先日は大雨となり季節を変える雨となりました。雨の影響が残る山でアイスバーンや縦溝を避けて山越えです。標高が高いエリアは滑落の危険があるほどカチカチなので、ギリギリのところから良い雪をいただきました。

雨の影響を受けたエリアを避けて良い雪を!

▲雲ひとつない晴天

朝から雲ひとつない青空が広がり、放射冷却となったので空気がピリッとしています。先日の雨の影響を予測しながらハイクアップします。

▲溶けかけの樹氷をくぐる

雨と高い気温の影響で樹氷が溶けてしまいました。アオモリトドマツの葉が見え始めた樹氷をくぐります。

▲井戸岳を回り込んできた

当初は大岳の斜面を狙っていたのですが、滑落するほどのカチカチの状態だったので危険なエリアを避けて井戸岳へ回り込んできました。

▲良い雪で飛ばします

回り込んだ先にはカチカチではなく、柔らかい雪がありました。ホッとしたのち、みんな飛ばします。

▲滑りやすい雪

どんな雪質なのか慎重に滑り出しましたが、滑りやすい雪です。

▲良いエリアを求めて沢地形へ

尾根筋には融雪の名残で縦溝が多く、沢地形には柔らかい雪が入っています。そんな時は沢地形をつないで滑っていきましょう。

▲重め雪だけどよく滑ります

気温がどんどん高くなり、サラサラパウダーではありませんがよく走る良い雪です。山越えしてきたかいがありますね。

まとめ

雨が降った影響はアイスバーンや縦溝となっています。しばらく山での行動では慎重さが求められます。入っている雪は重いながらも、走る雪なので良いエリアを見つけて楽しみましょう。