3月はまだまだパウダーのチャンスあり!冷え込みきつく良い雪だった

3月は冬と春の狭間の季節で春のような天候になる日もあれば、冬のような寒い天候になることもあります。冬のような天候になると3月でもパウダーを滑られます。軽くてスプレーが上がるパウダースノーを満喫した様子です。視界が良くなかったので、景色の写真より滑りの写真が多めです。

3月はまだまだパウダーのチャンスあり!

▲テレマークターンでパウダーを滑る

3月ですが冬のような天候になりました。風は強くないものの気温が低く、軽い雪が降っています。朝の時点ではアイスバーンに注意しようとお客さんに案内をしていましたが、軽い雪が積もっていてほとんど心配ご無用です。

▲軽い雪を大回りで

ニセタモの斜面を上から下まで一気に滑りました。雪は軽く滑りやすいので、みんなガンガンに飛ばして滑ってきました。

▲コルドバで刻む深いターン

キレキレのターンですね。ベクターグライドコルドバでかっ飛ばしてきました。かっこいいですね〜。

▲テールで見てくれたガイドKasaiさん

お客さんみんなが無事に下まで滑ったことを確認して最後に滑ってきたガイドKasaiさん。こちらもかっこいいテレマークターンですね。

▲毛無岱の段差

上毛無岱から下毛無岱にある大きな段差です。秋に紅葉の名所となる地点を滑走しました。

▲山荘スタッフBC初参加

今シーズン初めて八甲田山荘でスタッフとして働いてくれた彼。ずっとスキーを練習していて、本日初めてバックカントリーツアー初参加してくれました。
緊張がこっちにも伝わってきましたが、無事に1日ツアー満喫してくれました。

まとめ

狭間の季節である3月はパウダーのチャンスはまだまだあります。逆に春の陽気で山越えできるチャンスもあります。敬遠されがちな時期ですが、実は良いこともたくさんあるんです。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)