八甲田を滑る人みんなが憧れる山!いざ高田大岳へ

八甲田は大岳や小岳などたくさんの山々から連なる山ですが、中でも綺麗な三角形をした高田大岳は少し特別な山です。さまざまな条件が揃わないとアプローチすることもできません。ガイドクラブのツアーでもシーズン中に1回か2回程度しか行くことが出来ない貴重なツアーです。例年とは違うアプローチの仕方でしたが、今シーズン初の高田大岳に行くことが出来ました。八甲田を滑る人みんなが憧れる高田大岳の大きな斜面を滑って気ました。

いざ高田大岳へ

▲目指すは向こうに見える高田大岳

高田大岳のへのアプローチは、例年だと大岳から小岳そして高田大岳へと登って滑ってを繰り返して行きます。今年の場合は、雪の状態などを考えて猿倉温泉からハイクアップをはじめました。
向こうに見えているのが高田大岳です。あの山のピークまで行きましょう。

▲少しずつ急になってきた

高田大岳は綺麗な三角形をしている山で斜度はかなり急です。滑走する時は圧倒的な大斜面ですが、アプローチはもちろん急登です。出発してからおよそ1時間でかなり急な登りになってきました。

▲途中からはスキーを担いで

かなり傾斜がキツくなりスキーシールで登るのが難しくなってきました。登れないほどではありませんが、無理するよりも担いでツボ足で登ります。

▲ピークへのアタック開始

高田大岳のピークへ向けてスキー隊がアタック開始です。みんな一列になって山頂を目指します。

圧倒的な大斜面を目指して。

圧倒的な大斜面

▲高田大岳の大斜面

この圧倒的な大斜面を見よ。
写真で見ると斜度感が伝わらないのが少し残念です。かなりの斜度があって、ピークから斜度が緩やかになる地点まで標高差500mはあります。

▲みんなが滑ってくる

ピークから滑り出します。雪の状態も良好でグングンとスピードがでます。大きな斜面で斜度もあるので、滑っているとスピード感がわからなくなるほどです。
およそ3時間登ってみんなヘトヘトですが、滑る体力を残しておいて上手にコントロールして滑ってきました。

▲みんなで行ってきたぞ

みんなで高田大岳の大斜面を滑ってきました。この達成感はここでしか味わえませんね。昨年はこの斜面に来られませんでした。そんな思いもあってここに来ることができてよかったです。

まとめ

さまざまな条件が整って高田大岳に行くことができました。圧倒的な斜面で上に立つと震えるほどです。昨年は色々な事情でここになかった分、さまざまな思いがめぐりました。例年とは違うアプローチですが、あと何回かは高田大岳に来れるでしょうか。一緒にこの圧倒的な斜面を滑りましょう!

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)