積雪期しか行けない山頂、前嶽ピークへ

前嶽ピークには夏山登山道はなく、積雪期でしかピークに行くことができません。
前嶽ピークからの斜面は大きく、斜度もあり八甲田バックカントリーの数あるルートの中でも特別な斜面です。
晴れ間を狙って行ってきました。

積雪期しか行けない山頂、前嶽ピークへ

▲ボードを背負ってハイクアップ開始

前嶽ピークへは夏山登山道がなく、積雪期のみ行くことができます。
雪がある場所どこでも行けるバックカントリーならではです。
条件が良くないとなかなか行けない前嶽ピークへ向かいハイクアップ開始です。

▲前嶽から見る田茂萢岳

普段はガスに覆われていることが多いですが、前嶽へのアプローチの途中でロープウェイがかかる田茂萢岳が見えます。
低気圧接近しているわりには穏やかな天気です。

▲前嶽ピークに到着

急な登りを終えて前嶽ピークに到着です。
少し休憩してから準備をします。写真の奥に広がるのは、青森市街と陸奥湾です。
なかなか見ることができない景色です。

▲前嶽ピークのちょっとした看板

前嶽ピークにはちょっとし看板もあります。積雪期でしかこれないので、これを知っている人はかなりマニアックです。
しかも、樹氷の一部になっているので見つけるのは少し苦労するかもしれません。

▲ガイドMakinoさんがドロップイン

前嶽ピークからの大斜面は圧倒的なスケールです。
まずは先頭ガイドのMakinoさんがドロップインです。雪のコンディションを確かめながら滑っていきます。

▲お客さんもドロップイン

斜度変化でガイドMakinoさんが停止して、そこまでみんな滑ります。
お客さんの安全を第一にツアーを進行しているからです。
さあ、お客さんもドロップインです。
この雄大な景色と、圧倒的スケールの斜面へ!

▲最後は銅像への林間

圧倒的な斜面を滑ったあとは、メローな林間を滑ります。
斜度はありませんが、みんなが滑ったトレースの上なのでスピード注意です。
最後まで気を抜かず行きましょう。

まとめ

前嶽ピークは条件が揃わないとなかなか行けない特別な場所です。
圧倒的な斜面を滑り降りた時の達成感はすごいですよ。
またチャンスがあれば前嶽ピークに行きたいですね。