スキーのゴーグルやサイクリングのサングラスで注目のメーカーPOCとは?

ウインタースポーツやサイクリングなどで注目を浴びているPOCというブランドをご存知ですか。
スウェーデンのメーカーでアスリートを重大事故から守るというミッションを掲げているブランドです。スキー用ヘルメットや自転車用ヘルメット、ゴーグルやサングラスなどのアイウェア、防具やアパレルなどを展開しています。
そんなPOCというブランドを紹介します。

POCとは

▲POCの代表的なゴーグル

POCはスウェーデンのメーカーでアスリートを重大事故から守るというミッションを掲げているブランドです。

スキーや自転車用のヘルメットや防具、ゴーグルやサングラスなどのアイウェア、そしてジャージなどのアパレルを展開しています。

ストックホルムで研究開発が行われており、各分野の専門家が集まって製品開発が行われているそうです。また、アスリートによるフィールドテストも絶えず実施され、あらゆる情報をフィードバックして新製品へと役立てています。

スキー用のヘルメット

▲スキー用のヘルメット OBEX SPIN

スキーやスノーボードでヘルメットを着用する人は日本でも増えてきました。

POCのヘルメットは日本人向けに成形されてアジアンフィットモデルとして販売されています。よく、海外メーカーのヘルメットは頭に合わないという話がありますが、POCではほとんどありません。

▲ダイヤルでサイズ調整可能

後頭部についているダイヤルでサイズの調整ができるので、フィット感を変えられます。

ビーニーの上にかぶるか、直接かぶるかで調整すると良いですね。

スキー用のゴーグル

▲スキー用ゴーグル FOVEA CLARITY

スキー用のヘルメットに合わせて、ゴーグルも展開しています。一番の特徴は、レンズメーカーであるカールツァイス社と共同開発した「CLARITY」というハイコントラストレンズを搭載しています。

明るさとコントラストを増強したレンズは、晴天時の雪面や曇天時の視認性を大幅に高めています。

▲裸眼で見た雪面

裸眼で見た雪面は凹凸がわかりづらい状態です。

POCのCLARITYレンズを通すと

▲CLARITYレンズを通すと

CLARITYレンズを通すと、見えづらかった凹凸がはっきりと見えるようになります。

このCLARITYレンズは偏光や調光ではなく、視認性を最大限に上げるために余分な光の周波数をカットしています。偏光レンズや調光レンズと違って寿命がないと言われています。

FOVEA CLARITYについてはこちら

▲ガイドKasai着用モデル LOBES CLARITY

サングラス

▲フラッグシップモデル REQUIRE

サングラスもゴーグルと同様にカールツァイス社製のレンズを採用しています。このレンズにもCLARITY技術が使われており、視認性がとても良いです。

▲横についてるロゴ

POCのサングラスはスポーツモデルとライフスタイルモデルの2種類でカテゴライズされていますが、どちらもつけ心地は素晴らしいです。

なので、カテゴリに関わらず気に入ったモデルと好きなシチュエーションで使えますよ。

サングラスの選び方

POCのサングラスの選び方についてはこちら

instagramも要チェック

この投稿をInstagramで見る

POC Sports Japan(@pocsports_japan)がシェアした投稿

POCのinstagramでは最新モデルの情報や、ガイドが使用しているモデルの紹介などを発信しています。気になるモデルをチェックすると良いでしょう。

まとめ

ヘルメットやサングラスなどの防具系アクセサリで注目浴びているブランドPOCについて紹介しました。まだまだ説明が足りていない部分もあるので、今後さらにジャンルやアイテムに合わせて深掘りしていく予定です。

POCのブランドマネージャーとも連携をとりながら、当サイトにて発信していく予定です。ご期待ください!