八甲田随一の清流グダリ沼

豪雪地帯である八甲田はたくさんの湧水があることでも知られています。
山中にたくさんの湧水がある中で最も美しく、最も水量のある湧水地が田代平高原にあるグダリ沼です。

八甲田随一の清流グダリ沼

▲透き通った水が流れるグダリ沼

八甲田の山中で最も美しく、最も水量がある湧水地がグダリ沼です。
沼という名前がついていますが、付近一体から水がわき続けています。
そのせいで沼という名前がついたとも言われています。

▲バイカモの花が咲き始め

グダリ沼は全てが湧水で川のように水が流れている場所です。
流れの中でバイカモの花が咲き始めていました。流れる水の中で咲くバイカモきれいですね。

▲一面がもやに包まれ始めた

このグダリ沼の特徴の一つが水温です。夏場でも水温およそ7℃程度です。
とても冷たい水で足を入れると、かき氷を食べたときのように頭がキンキンするほどなんです。

その冷たい水が付近の空気までも冷やしてあたり一面がもやに包まれ始めました。とても珍しい現象です。
夏場の暑い気温と冷たい水の温度差できっと発生したと考えられます。

▲幻想的な風景はオフィーリアのよう

グダリ沼の最上流の景色です。この場所は最も綺麗だというお客さんが多い気がします。
有名な画家さんと歩いた時に教えてくれました。絵画オフィーリアのようだと。
調べてみると、まさに絵画オフィーリアの場所かと思いました。

▲発生したもやがまるで川のよう

偶然にもみることができた、幻想的なもやは下流の方までずっと続いていました。
とても綺麗な場所がさらに幻想的になり多く訪れていても感動します。

まとめ

ガイドで案内すると必ずみなさんが喜んでくれるグダリ沼。さらに幻想的な風景となりグダリ沼の奥深さをさらに知れました。
青森市内でも行ったことがない人多いはず。
ぜひ、オフィーリアを調べてから行ってみてください。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)