十和田湖・奥入瀬渓流の紅葉の見頃はいつ?おすすめは10月中旬〜下旬

十和田湖・奥入瀬渓流の紅葉は八甲田と同じくらい綺麗な場所です。奥入瀬渓流はコケが注目を浴びていますが、元々は新緑や紅葉が綺麗な場所として有名になりました。紅葉のおすすめのタイミングは10月中旬〜下旬です。有名な見所をピックアップしたので、ぜひこの秋の旅行の参考にしてください。

十和田湖・奥入瀬渓流エリア

十和田湖および奥入瀬渓流は青森県の南に位置しており、十和田・八幡平国立公園に指定されています。

十和田湖は自然豊かな場所で、大昔の火山活動の影響で作られた場所で世界でも珍しい二重カルデラ湖です。

奥入瀬渓流は十和田湖から流れでる唯一の河川で、紅葉の名所として知られています。

おすすめの場所とタイミングを紹介します。

十和田湖・奥入瀬エリアに行ったら読みたい書籍についてはこちら

奥入瀬渓流の紅葉(10月中旬〜下旬)

奥入瀬渓流の紅葉の見頃は、10月中旬〜下旬です。

車を停める場所が限られていて、焼山や子ノ口に駐車場がありますがおすすめポイントには遠いです。

奥入瀬渓流館ではレンタサイクルがあるので、自転車に乗って奥入瀬渓流の紅葉を見られます。

また、マイカー規制があったりするのでお出かけの際は事前に調べることをおすすめします。

阿修羅の流れ

▲阿修羅の流れ

奥入瀬渓流でよくポスターになる場所です。

流れが激しい場所であることから、阿修羅に見立てて名前がついたそうです。

雲井の滝

▲雲井の滝

奥入瀬渓流の滝の中で、有名な滝の一つです。

高さはおよそ20mあり、3段の滝になっているのが特徴です。

銚子大滝

▲銚子大滝

奥入瀬渓流で最も有名な滝です。

奥入瀬渓流にはたくさんの滝がありますが、銚子大滝は唯一の奥入瀬渓流の本流にある滝です。

スケールは小さいですが、ナイアガラの滝みたいという人もいます。

十和田湖(10月中旬〜下旬)

十和田湖の紅葉の見頃も奥入瀬渓流と同様に、10月中旬〜下旬です。

遊覧船に乗って湖上から見る紅葉がおすすめです。

ゆっくりと散策しながら紅葉を楽しむなら、休屋エリアがお勧めです。

休屋

▲休屋エリア

十和田湖の秋田県境にある休屋は多くの人が訪れる観光地となっていて、「乙女の像」や十和田神社などが有名です。

大きな駐車場があるので、マイカーを停めてゆっくりと散策できます。

大型駐車場近くにある十和田ビジターセンターの展示が本格的なおすすめです。

十和田湖ビジターセンターについてはこちら

乙女の像付近

▲乙女の像近く

乙女の像前の湖畔です。

湖畔は砂浜のような場所なので、天気が穏やかな日はゆっくりできます。

まとめ

十和田湖・奥入瀬渓流の紅葉の見頃は10月中旬〜下旬です。

車で移動できるなら、1日でどちらも回れるので、午前中に奥入瀬渓流を散策して十和田湖に移動ということもできます。

ぜひ紅葉の十和田湖・奥入瀬渓流に遊びに来てください。

八甲田の紅葉もおすすめ