濃い霧から抜け出して、目指せカモシカコース林間!

吹雪と濃霧でやっぱり視界があまりない山頂付近で、見えづらい斜面を感覚を研ぎ澄ませて滑りました。カモシカコースの半分以上は濃霧でしたが、林間は霧を抜け出して最高のツリーランを楽しみました。

濃い霧から抜け出して、目指せカモシカコース林間!

▲広間と呼んでいる斜面上部

八甲田の厳冬期はあまり視界がないことで有名ですが、ここ数日の霧の濃さはいつも以上に見えづらい天気です。
見えづらい視界の中で、カモシカコースの前半でよく使う斜面の広間と呼んでいる場所まできました。

▲真っ白でトレースもよく見えない

滑り出しでみんなに説明したのは、トレースがつけば少し見えやすくなるから、トレースに従って滑ってきてくださいと伝えましたが、そのトレースさえ見えないほどです。
みんな自分の感覚を研ぎ澄まして滑ってきました。

▲近づいてきてやっと見える

とにかく真っ白なので、車酔いのような感覚に襲われながらもお客さんは見事にターンをして滑ってきました。
みんな口々に全然見えなかったね。。。でも、雪はすごく滑りやすいと楽しそうです。これは、林間が楽しみになってきます。

▲大山湿原で休憩

大山湿原までくると、霧の下に出られて視界がよくなりました。ここでみんなが気になっていたのはいつもの木です。

▲だいぶ埋まったいつもの木

下の部分にあるトドマツの葉っぱ部分はすっかりと埋まって、細い幹の先端だけが見えています。ということは、この地点で250cm〜300cmは積もっていそうですね。

▲最後の林間でツリーラン

お待ちかねの最後の斜面まできました。視界がよく雪もよく滑るので、沢地形となっている斜面を一気にボトムまで滑り降りました。
みんなツリーランとは思えないほどスピードを出して、楽しそうです。

▲攻めの滑りのお客さん

以前にこの斜面を滑った時よりもさらに雪で木々が埋まっていたので、とても滑りやすい斜面になりました。前半で滑った広間もいいですが、今回は視界があって雪が深かった林間がみんな喜んでいましたね。

まとめ

毎日降り続ける八甲田らしい2月となっています。林間の雪は風で叩かれることなく、軽いままの状態でツリーランを楽しめます。カモシカコースは前半も楽しいですが、やっぱり最後の林間がまたたまらないんですよね。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)