トレッキング入門コース!青森市郊外の眺望山

青森市の西のはずれにある眺望山はこれからトレッキングを始めるという方や、お子様づれなどに最適な入門コースです。
西ルートと東ルートがあり、どちらもきちんと整備された登山道です。道幅は広く、急な道もありません。
中央ルートは西ルート東ルートに比べると、少しだけ急な道です。
山頂にある展望デッキに上がると、陸奥湾を見渡すことができ、ちょっとした達成感も味わえます。

トレッキング入門コース!青森市郊外の眺望山

▲西ルートの登山口

登山口は県道2号線沿いにあります。広い駐車場もあるので、すぐにわかります。

▲眺望山の案内図

山頂へ登るルートは西ルート、東ルート、中央ルートの3本あります。
まずは西ルートから登って行きましょう。

▲針葉樹が並ぶ広い登山道

きちんと整備されており、広い登山道です。急な登りがなく、まさに入門コースと言えますね。

▲シダの群生

登山にシダの群生地がありました。
なんでもないシダではありますが、光が差し込んでとても綺麗です。

▲稜線の登山道

歩いておよそ30分で稜線に出ます。ここもまた針葉樹の林になっています。木漏れ日が水玉模様のようになっていて不思議な感じでした。

▲山頂近くの休憩ポイント

山頂付近に立派な休憩ポイントがあります。
この場所でお昼にしても良いですね。ベンチも綺麗でしたよ。

▲眺望山の山頂といえば大きな展望台

眺望山の山頂といえばこの展望デッキです。大きな展望デッキで上に行くまでちょっと大変そうです。

▲展望デッキ入り口

初めて知りましたが、この大きな展望デッキはそこそこ歴史があるみたいです。
初めて作られたのは昭和46年だそうです。
そして、平成22年に大改修され今の展望デッキになったと書かれています。

▲展望デッキからの景色

ここまでおよそ1時間で来ることができます。
陸奥湾まで見渡せて、思ってたよりも絶景です。
登りごたえはさほどありませんが、この景色をみられたらちょっとした達成感が味わえますね。

▲東ルートの登山道

せっかくなので、登ってきた西ルートではなく東ルートで下山しました。
こちらも広い登山道で歩きやすいです。

▲中央ルートの登山道

西ルートと東ルートに比べると道は狭く、歩きづらいです。
最短距離なので、多少傾斜が急です。物足りない人はもう一度中央ルートで往復してみはいかがででしょうか。

まとめ

どのルートとも入門にちょうどいいコースです。1時間ほどで登れるので、午後から出かけても山頂まで行けますね。
あまり知られていない山ですが、場所も気軽に行けるので遊びに行ってみてください。
お散歩気分でも良さそうです。