bitihorn Gore-Tex Active 2.0 Jacket 使用レビュー

グリーンシーズンで使用しているガイド装備の一つを紹介します。bitihorn Gore-Tex Active 2.0 Jacketです。 超軽量の雨具です。 その重さはなんと160gです。 さらに、Gore-Tex Active 2.0素材を使用している強度も十分です。

特徴

・長所

超軽量でかつ高い透湿性

・短所

ポケットが少ない

レビュー

▲自分で着てみた

身長164cmで着用サイズSです。
袖は長めです。

▲バックショット

背中にはノローナのロゴでリフレクター(反射材)がついています。
丈は長めでお尻がすっぽり隠れるくらいです。

着心地は、とにかく軽いです。

▲袖にはマジックテープなし

ジャケットにほぼ手首部分にマジックテープのベルクロがついていますが、このジャケットにはついていません。
かなり狭い設計になっているので、手首を通しづらいですがその分風が入ってきません。

▲ジャケット全景

ポケットが少ないのでジャケットにたくさん物をいれる人にはあまり向かないかもしれません。
また、ベンチレーションもないのでジャケットを脱いだり着たりして温度調節しましょう。

▲ジャケットのたたみ方

僕らガイドのたたみ方を紹介します。
ザックの中でかさばらないように僕らガイドはジャケットをたたむときはフードに全て折りたたみます。
こうすると、意外と小さくなるし次にザックから取り出しやすいです。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)