夕日と高山植物が同時に楽しめる深浦町の隠れスポット!「行合崎(ゆきあいざき)」

深浦町にある行合崎は夕日と高山植物が楽しめる、隠れた名所です。日本海に突き出しているため夕日は海に沈んでいく様子が見られます。 キャンプ場にもなっているので、キャンプをしながら絶景を楽しめる最高の場所です。白神山地や十二湖はもちろん良い場所ですが、それ以上かもしれませんね。

八甲田に咲く花を覚えよう!私が学んだ書籍とサイトを紹介します

登山をする前に登山ルートの情報だけでなく、その時期に咲く高山植物について調べると登山がさらに楽しくなります。私が学んだ書籍とサイトを紹介します。 書籍については古いものが多くほとんど売られていませんが、サイトを参考にすると簡単に情報を得られますね。

全面改修された田代湿原の遊歩道、車で行ける高層湿原をのんびり散歩しよう

6月になると田代湿原はワタスゲが見頃を迎えます。真っ白な果穂が風に揺れてユラユラしている様子をのんびり散歩しながら楽しめます。 また、2020年の秋に田代湿原の遊歩道や看板が全面改修されて歩きやすくなりました。整備された田代湿原の様子をお届けします。

横浜町は菜の花の町!一面に咲く菜の花畑は圧巻の景色

青森県横浜町は毎年5月に菜の花フェスティバルというイベントを開催するほど、菜の花で有名な町です。横浜町の畑にはたくさんの菜の花が植えられていて、菜の花が咲く5月になると一面黄色のじゅうたんが広がります。2021年はコロナ禍ということでイベントは縮小されてしまいましたが、一面に咲く菜の花を見ることができます。

八甲田の初夏の花たち

7月初旬の八甲田は1年の中で最も花を見られる季節です。 雪解けが進み、春の花と初夏の花それぞれ見られます。 ほんの一部ですが、八甲田山中で見られる初夏の花たちを紹介します。

ワタスゲとレンゲツツジが見頃を迎えた田代湿原、家族で高山植物を見に行きませんか

田代湿原のワタスゲが満開となり見頃を迎えました。 ワタスゲだけでなくレンゲツツジも満開となっています。 ニッコウキスゲは少し早めですが、咲き始めており田代湿原はたくさんの花で賑やかになってきました。春の花で賑やかな田代湿原の様子をお届けします。

世界遺産の山、白神岳山頂はお花畑だった

世界遺産の山、白神岳は往復およそ10時間かかる、かなり健脚者向けの登山です。 森歩きは緩やかな傾斜ですが、尾根から稜線にかけてはかなり急登が続きます。 でも、頑張って登った先にあるのはなんと、山頂お花畑がありました。