大岳を越えて小岳の大斜面へ!春のロングルート解禁です

4月に入り春のロングルートがいよいよ解禁です。猿倉温泉入り口を目指して、大岳を越えて小岳の大斜面を滑りました。どちらの斜面もやはり良いザラメ雪となっていて滑りごたえ十分です。ロングルートなので、歩きごたえも十分。本格的な春スキーシーズンの到来です。

まずは大岳の斜面から

▲大岳の斜面

快晴無風状態で汗をかくほど暑いコンディションの中、まずは大岳まで登ってきました。万年岩まで登って、大岳の斜面を滑ってきました。
一番に滑ってみんなが降りてくるのを見守ります。縦溝はほとんどなく滑りやすい斜面です。

▲光る斜面を滑ってくるお客さん

今シーズンはフィルムクラストがよく発生しています。昼夜の寒暖差が大きいからなのでしょうか。
その分よく滑り、春らしく大きな斜面をかっ飛ばして滑ってきます。

小岳の大斜面へ

▲圧倒的な小岳の大斜面

大岳を滑った後にお昼休みをとって小岳まで登ってきました。山頂付近にはクラックがあるので、少し回り込みながら斜面にアプローチしました。
スピード感がわからなくなるほどの大斜面を滑ってきました。小岳の斜面もよく滑る良い雪で、お客さんが滑ってくるのを見守ります。

▲スピードを出して滑ってくる

無線で雪の状態をお客さんに伝えて、お客さんが滑ってきました。少々、縦溝はありますがスピードが出る雪でお客さんは声を出しながら滑ってきました。

▲Vector glide Mastiffでかっ飛ばす

小岳の大斜面をVector glide Mastiffでかっ飛ばしてきました。かっこいい大きなターンでしたね。

▲ラストはガイドTonoさん

みんなが無事に滑り降りたことを確認して、斜面を滑ってきたガイドTonoさん。今シーズン初めての斜面にガイドTonoさんも張り切っていたようです。あっという間にみんなのところまで滑ってきました。

まとめ

いよいよ本格的な春スキーシーズンが到来です。ガイドクラブでは毎日ロングルートに出かけます。お弁当を持って八甲田の雄大な自然を楽しみましょう。今シーズンはザラメ雪の仕上がりが特に良いので、滑り足りない人はぜひ八甲田へお越しください。