鳴沢台地でパウダーみっけ!狭間の季節でもまだまだあるんです

3月は冬から春へと変わる時期で狭間の季節という呼ばれ方があるくらいですが、色々な雪質を滑られます。アイスバーンに注意が必要なコンディションが続いていますが、場所によってはパウダーがあるんです。鳴沢台地の沢には雪がたまっていて、3月のパウダーを楽しむことができました。林間は少し重くなるので、ワックスの生塗りも大事ですよ。

鳴沢台地でパウダーみっけ!

ガリガリじゃなくてパウダーです

アイスバーンに注意して滑ろうとツアー出発時点でお客さんに注意喚起したのですが、良い意味裏切られたコンディションです。
予想した以上に雪が入っていて、沢地形などに多くたまっています。

厳冬期の鳴沢台地はTHE DAYで行けました

スキー隊の先頭はガイドShohei

冬のサラサラパウダーではありませんが、3月にこのパウダーを滑られるなんて良いですね。スキー隊の先頭ガイドShoheiはコンディションを確かめるように滑ってきました。

飛ばして滑ってきたお客さん

ガイドShoheiからの連絡のあとにお客さんが滑ってきました。雪のコンディションなどを伝えたので、みんなかっ飛ばして滑ってきました。かっこいいです。

一番かっ飛ばしてきたのやはりガイドTonoさん

鳴沢台地をすごいスピードで滑ってきたガイドTonoさん。後ろに残るスプレーがすごいスピードの証拠ですね。

林間ではワックスタイム(Photo by Naomi)

林間に入ると雪質が変わってきたので、一度止まってワックスタイムにしました。この時期はアイロンワックスよりもコンディションに合わせてフィールドで塗るのも大事になってきますよ。

まとめ

春スキーと呼べるコンディションに近づいてきましたが、たまに雪が降ってパウダーを滑ることができるのが八甲田です。これからももしかしたら、パウダーのチャンスがあるかもしれません。条件によってはザラメ雪、パウダースノーと色々な雪質を楽しめますね。