強風の影響でうねり多し!うねりを越えて滑りだせ

厳冬期の八甲田らしく吹雪で前が見えづらいコンディションです。日中に降り続いた雪は滑りやすく、どんどんスピードを出せる雪でした。最近の強風の影響でうねりが大きくなっていますが、みんなうねりを越えて滑り出して行きましたよ。

強風の影響でうねり多し!うねりを越えて滑りだせ

▲ボードを背負ってハイクアップ

厳冬期の八甲田らしく吹雪で前が見えづらいコンディションです。夜はあまり降っていなかった雪が朝からどんどん降り出しました。

ボードを背負って目的の斜面へハイクアップします。

▲こだわりのスタイル

ボード隊とスキー隊どちらも同じ地点までやってきました。これから滑る準備をします。

お客さんが手にしているギアがこだわりの道具です。通常バックカントリーで使うのはツアービンディングと呼ばれる、スキーモードとハイクモードをどちらも使えるビンディングです。
しかし、手にしているのはハイクモードがないビンディングでもハイクモードにできる優れもの。DAYMAKERと呼ばれる道具です。
アルパイントレッカーというギアもあります。
滑りを重視する人にはおすすめですね。登りは少し苦手になるギアですが。

▲うねりを越える

たどり着いた先にはサラサラと滑りやすいパウダーと、強風の影響で何段にもなったうねり。
うねりを越えつつ加速していくと気持ちいいんですよね。

▲飛び出すのもまた楽しい

うねりから飛び出すのもまた楽しいんです。バックカントリーでしかできない、自然の地形を使った滑り方ですよね。
スキー場のパークも楽しいですが、自然の地形を滑るのも楽しいです。それがしたくて、八甲田に滑りにくる人も多いです。

▲午後にはガスが濃くなり

午前中は吹雪で視界不良だったのが、午後になると濃い霧に包まれました。慎重に滑っていきましょう。
みんなが滑っていく姿を見つつドロップインです。

▲林の中も雪がいい

林の中では霧がなく、滑りやすい良い雪を滑って来られました。思わずバンザーイとテンション上がります。

▲静かなブナ林を進む

林間のトラバースはスノーボードだと少しきついのでストックを用意して進みます。最後に静かな森の中を滑って帰っていきます。
この感じがまた八甲田らしく、ブナの森に癒されます。

まとめ

1日を通して視界不良ではありましたが、雪はすごく良くてスピード出しまくったツアーとなりました。強風でうねりが大きくなっていたり、地形の変化が大きいので注意が必要ですが、パウダー満喫できました。